胡蝶蘭の花言葉

ピンクの胡蝶蘭の花言葉とは?色の意味や最適なギフトシーンも紹介!

ピンクの胡蝶蘭

胡蝶蘭は「幸福」を表す花とされ、とても縁起が良いことで有名ですよね。
そのため、お祝いなどの場ではよく目にするかと思います。

そんな縁起の良い胡蝶蘭ですが、実は「幸福」だけでなく「愛」を表す花でもあるんです。
中でもピンク色の胡蝶蘭は、特に愛の意味合いを強く表しています。

このページでは、ピンク色の胡蝶蘭の花言葉や色の意味などを詳しく紹介していきます。
おすすめのギフトシーンも併せて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ピンクの胡蝶蘭が持つ花言葉

花を見つめる女性

ピンクの胡蝶蘭には、すべての胡蝶蘭に共通する花言葉に加え、色特有の花言葉が付けられています。

どちらにも大事な意味が含まれていますので、順に紹介していきますね。

胡蝶蘭全般の花言葉

  • 幸福が飛んでくる
  • 純粋な愛

この2つがすべての胡蝶蘭に与えられている花言葉です。
ピンクの胡蝶蘭にはこれらに加え、特有の花言葉が与えられているということになります。

ピンクの胡蝶蘭特有の花言葉

  • あなたを愛します

この花言葉は、ピンクの胡蝶蘭のみに与えられているものです。

ちなみにこの「愛」は、「恋愛」だけに限らず、家族など大切なひとへの「親愛」も表しており、広い意味で使われています。

花言葉の由来

花言葉の発祥である西洋では、かつて胡蝶蘭はとても高価でなかなか手に入れることができない花でした。中でもピンク色の胡蝶蘭は「愛の証」とされ、男性が好きな女性へ贈ることで愛の強さを示したそうです。

また、日本において胡蝶蘭は愛と幸福を意味する花です。
ピンクの胡蝶蘭はその色合いに合わせて、特に「愛」を強調する意味合いで扱われました。

これらがピンクの胡蝶蘭の花言葉「あなたを愛します」の由来です。

ちなみに西洋では、現在もピンクの胡蝶蘭は「愛」を表す花とされています。
ピンクの色合いが濃いほど、愛を強く表すそうですよ。

【花言葉の歴史】
花言葉の発祥は19世紀初頭のフランスといわれており、日本に入ってきたのは19世紀中頃(明治初期)といわれています。日本では当初、西洋の花言葉をそのまま使っていましたが、次第に日本独自の花言葉も増えていきました。現在、日本で使われている花言葉にも、西洋の花言葉の影響が色濃く残っています。

ピンク色のイメージや与える印象

ピンクのアイテム

ピンクの胡蝶蘭には、花言葉以外にどんな意味が含まれているのでしょうか?
また、受け取った相手にはどのような印象を与えるのでしょうか?

これらを知るために、ここからは「ピンク色」自体にスポットを当てて見ていきましょう!

ピンク色のイメージ

「愛情」「恋」「可愛らしさ」「柔らかさ」「女性的」「甘い」「ロマンチック」「幸福」

ピンク色から連想するもの

「女性」「春」「コスメ」「母」「ハート」

ピンク色の与える印象

ピンクは女性に最も好まれる色の一つで、女性らしさの演出や柔らかい雰囲気を出す場合によく使われています。

また、どんな色にもプラスとマイナス両方のイメージがありますが、ピンクにおいてはマイナスイメージが少ないという特徴があります。

可愛らしさや幸福感といった、柔らかい印象を与える色です。

ピンクの胡蝶蘭に最適なギフトシーン

フラワーギフトを渡す人

ピンクの胡蝶蘭の花言葉や、色が与える印象についてはお分かりいただけたと思います。
ですのでここからは、ピンクの胡蝶蘭に最適なギフトシーンをご紹介していきます。

胡蝶蘭の色を決める際には、ぜひ参考にしてみてくださいね!

開店祝い

開店・開業祝いに鉢植えを贈るなら胡蝶蘭がベストです。
胡蝶蘭には匂いや花粉が無いため、飲食店などとの相性もバッチリ!

さらに、最低でも1ケ月以上は、キレイな花が咲いた状態で飾れます。
スタンド花も良いのですが、4~7日程度しか日持ちしません。

お店の場合ですと、開店から1ケ月くらいは「新規オープン」の雰囲気を出して、お客さんの目に留まるように花を飾ります。ですので、日持ちする花はお店側としても助かります。

白も品があって良いですが、やはりピンクのほうが人の目には留まります。
客商売においては華やかさも大事ですので、ピンクの胡蝶蘭はオススメですよ!

昇進祝い(女性)

昇進・就任祝いにも胡蝶蘭はオススメの花です。
特に相手が女性であれば、ピンクの胡蝶蘭が合うでしょう。

社内に飾られる場合が多いと思いますが、ピンク色の胡蝶蘭なら、上品なうえに温かみを与えてくれますよ。

退職祝い(女性)

退職祝いには花束が定番ですが鉢植えもアリですよ!

花束を贈る人がいるかどうか事前に確認しておいて、いるようならあえて鉢植えの胡蝶蘭を贈られると良いかと思います。いくつも花束をもらっても、その後一斉に枯れていきますので。

退職される方が女性ならピンクで決まりでしょう。白だとちょっとお堅いかもしれません。
持ち帰ることを考えるなら、ミディやミニ胡蝶蘭といった小さめのものを選べばOKです。

愛する女性へ

特に結婚記念日交際記念日にはオススメです。一緒に育てていくのもステキですよね。
ピンクの胡蝶蘭の花言葉「あなたを愛します」がまさにピッタリ!

ちなみに、プロポーズに鉢植えを勧めているサイトなども見かけますが、ちょっとどうなのかな~と感じますね(汗)特別な理由がない限り、花束のほうが良いかと。

母の日

母の日の定番といえばカーネーション!ですが、胡蝶蘭もオススメですよ。
お世話も比較的簡単ですので。(水のあげすぎと寒さに注意)

好みにもよりますが、一番妥当なのはやはりピンクでしょう。花言葉もピッタリですね!

長寿祝いや敬老の日(女性)

女性はいくつになっても花が好きなものですし、胡蝶蘭は縁起が良いのでオススメです。

長寿祝いの場合は色にこだわるのも良いですが、それよりも明るく元気になれる色を贈ってあげてはどうでしょうか?
ご高齢になるにつれてどこかしらは弱ってきますし、気持ちから元気にしてあげましょう!

ピンクの胡蝶蘭には、派手すぎない上品な明るさがありますよ。

夜のお店へのお祝い

キャバクラやスナックといった、夜のお店にお花を贈るなら胡蝶蘭で決まりです!

開店祝いでは長く飾れるうえに、他の花とは格が違いますのでお店のステータスになります。
ホステス(キャバ嬢)やママの誕生日にもオススメですよ。

胡蝶蘭は定番ですので、ピンクだと他の客とかぶる可能性もありますが妥当なところです。
もし自分をアピールしたいと思うなら、青などの珍しい色を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、夜の世界で一番大事なのはケチらないことです。色よりもこれが一番重要ですよ。

◎まとめ

ピンクの胡蝶蘭について、花言葉やギフトシーンなどを紹介してきましたがいかがでしたか?

ピンクの胡蝶蘭は本当に女性にピッタリで、女性に贈るならシーンを選ばないといっても過言ではないかもしれません。
ですが、女性に贈るからといって安易にピンクを選ぶのではなく、気持ちを込めて色を選んでみてください。きっとベストな選択ができるはずです。

当サイトでは、胡蝶蘭を扱うネットショップを比較し紹介しています。
胡蝶蘭を贈る際の参考になれば幸いです。

絶対に失敗しない!胡蝶蘭ショップ一覧
こちらの記事もオススメ
色違いの胡蝶蘭 胡蝶蘭の知識

胡蝶蘭の色にはどんな意味が?種類ごとの違いや選び方も詳しく解説!

2019年1月19日
胡蝶蘭の通販おすすめランキング!【30店以上を比較し厳選】
胡蝶蘭には幸福や愛といった意味が含まれ、とても縁起が良い花として有名ですよね。 ですので、お祝いなどシーンではよく目にするかと思います。  …
青い胡蝶蘭 胡蝶蘭の花言葉

青い胡蝶蘭の花言葉とは?色の意味や最適なギフトシーンも詳しく紹介!

2019年1月24日
胡蝶蘭の通販おすすめランキング!【30店以上を比較し厳選】
胡蝶蘭の色といえば、一般的に白やピンク、赤リップなどが有名ですよね。 これらの色の胡蝶蘭は、目にしたことがある方も多いと思います。  …
ミニ胡蝶蘭とミディ胡蝶蘭 胡蝶蘭の知識

ミディ・ミニ胡蝶蘭の花言葉を色別に解説!最適なギフトシーンとは?

2019年1月12日
胡蝶蘭の通販おすすめランキング!【30店以上を比較し厳選】
胡蝶蘭といえば、お祝いなどのギフトとしても定番のとても立派な花ですよね。 その上品な見た目はそのままに、サイズだけを小さくしたミニ胡蝶 …